kiddy's silly words〜ガキの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 自我と記憶

<<   作成日時 : 2012/11/12 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「あなたの最も古い記憶はいつですか?」

私の記憶で、年代が特定可能な、最も古い物は、
平成の年号が決まり、小渕官房長官(当時)が、
額に書かれた平成の文字を出した時だ。
その時、3歳の誕生日を迎える数日前だった。
当然、その時点で年号とか官房長官とか、
そんな概念は理解できなかった。
当然、小渕氏も誰とも思っていなかった。
それは、その後になって学習した話だ。
しかし、その時、母が年号が変わった最初の年を
1年ではなく「元年」だと教えてくれたことは覚えている。

最も古い記憶は?
と、問われると、たまに異常に幼い時分の記憶がある。
と言う人がいる。
中には、母胎にいた時の記憶がある。という人もいる。
確かに、その記憶を持っている可能性は、
生物学的にはある。
しかし、それが母親の胎内だと、どうして認識できたのだろう。
生まれた後の体験の曖昧な記憶を、
胎児の記憶だったと、勝手に解釈しているだけではないのか?

私自身は、幼い頃から、非常に活発でおしゃべりだったらしく、
親の目を盗んでは動き回り、あることないことしゃべり回っていたらしい。
少なくとも、自然数を理解できる程度には知能は発達していたし、
サンタがクリスマスプレゼントをくれることも知っていた。
そうでなければ、「元年」という言葉を理解できないはずだ。
それでも、私の記憶に時間軸が現われるのは、昭和の最後の日なのだ。

自我を持って、世界を認識・理解したからこそ、
記憶になるのではないだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自我と記憶 kiddy's silly words〜ガキの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる