kiddy's silly words〜ガキの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 改憲反対

<<   作成日時 : 2013/06/08 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とりあえず、最初に断わっておくが、私は護憲派ではない。念のため。

ただ、改憲派や護憲派が大騒ぎしているほどには、
多くの国民は憲法に興味が無い。
これは言いきって良かろう。理由は後述。
その段階で、焦って憲法改正を選挙の争点に。って姿勢はどうだろう?
いかにも押しつけ。って感じがするのだが。
政治家先生とか、学者先生は、改憲を主張するのだったら、
せめて国民が興味を持つように仕掛けてもらわないと。

何故、そう思ったのか?
今日のお昼過ぎの話だ。

今日も、いつもの休日の様に、近所の本屋へ足を運んだ。
別に、何か欲しい本があるわけではない。
それに、しばらく読書に時間を割けてなかったので、未読本にも困ってない。
しかし、「近所の本屋の店頭にどんな本が並んでいるか?」
を確認するために本屋に足を運んだ。
ここ数年の習慣で、だいたい週にMIN3件は本屋へ行く。
本屋の棚に並ぶ本のタイトルは、世間様の興味の先を知る上で、重要なツールだ。
ここしばらくのTVやネットでのトピックを思い出しつつ、
著者や編集者が考えに考えた、本のタイトルを眺めて、いろいろと想像する。

そうして本屋をブラブラしていて、ふと思い立った。
今度の参院選で憲法改正論議は争点に上がるかも。
しかし、私、あまり「日本国憲法」について良く知らない。
ちょっと憲法勉強しようかな〜。と、憲法の教材になりそうな書籍を探してみた。

よく「何でも知ってそう。」と言われる私だが、当然、そんなことは無い。
ただ、普段からアンテナ高くして、話題に上りそうなネタを予習しているだけだ。
で、今日、私のアンテナに引っかかったのが、「憲法」だった。

しかし、探せど探せど、全く憲法に教材になりそうな本に行きあたらない。
私が良く知らないくらいだから、多くの国民も同様に「憲法」を良く知らないはずだ。
(こういう時、自分が人より無知だとは考えないのが私の性質。謙遜しても意味ないし。)
それなのに、改憲・護憲の論点を解説した本が出回ってない。少なくとも近所の本屋数件で。
これはつまり、世の大衆は「改憲?何それ?おいしいの?」
程度の興味しか無いってことではないだろうか。

こんな時勢で、勢いで改憲しようってのは、とても認められない。

それ以上に、タカ派の現政権の憲法草案は受容できないが。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
改憲反対 kiddy's silly words〜ガキの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる