kiddy's silly words〜ガキの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 過剰品質

<<   作成日時 : 2014/07/11 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

では、実際の車の開発の現場で、
如何に些末なことまで考えているのか。
という話を参考までに。

私は自動変速機、所謂オートマを設計しているが、
よっぽど90%くらいの完成度であれば、
十分市場に通用すると思う。
残りのおよそ10%くらいは、殆どのユーザーにとっては、
廃車になるまで1度も使われない機能なのである。
(数字に根拠は全くありません。雰囲気です。)

例えば、ギヤをRに入れて、アクセル全開。
そんな運転をしたことがある人は、そうはいまい。
しかし、車の強度・耐久性は、
燃料満タンからガス欠まで、Rでアクセル全開で走り続けても、
余裕で大丈夫な設計になっている。
実際にそんな運転するのは、よっぽど無理だと思うが。。。

例えば、DとRを1秒間隔で何度もガチャガチャやって、
小刻みに前進後退を切り替える。という操作もできる。
あんまりヘンテコな操作なので、
車両メーカーの担当者に、「危なくない?」と聞いたことがある。
そしたら、もしかしたら必要に迫られてやる人がいてもおかしくない、
絶妙なシチュエーションを教えてもらった。
私は絶対やらないが。
必要となると、何度もガチャガチャ前後進を切り替えられる様に
作らざるを得ない。出来ないと言えないのがエンジニアの性だ。

果たして、ここまで過剰な性能が、本当に必要なのだろうか?
そう思うことも、多々あるが。。。
昔、中国の自動車会社の偉い人が、
「中国には中国に必要な品質がある。
日本製は過剰品質なんだ。」
みたいなことを言っていたのを、ふと、思い出した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
過剰品質 kiddy's silly words〜ガキの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる