kiddy's silly words〜ガキの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 修正史感

<<   作成日時 : 2014/10/21 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の持論は、歴史に正しいも間違っているもない。
なのだが、そうは思ってない人も多いだろう。

あくまで、私の意見だが、
歴史ってのは過去に起こった事実と、
それに対する解釈であって、
正しいだの誤っているだのっていうのは、
それを解釈する人の価値観でしかない。

まぁ、その過去の事実をどう解釈するか?
も、重要なので、『過去の過ちに学』んでもらって、
一向にかまわないのだが、
中には、「歴史が誤っていてはいけない。」
と、考えている一団ってのがいる。

その時の価値観で誤っている、と思われれば、
そんなことは無かったことにするべきなのだ。
歴史を正すためなら、改竄はやって当然なのだ。

ここからが本題。
日本にいると、どうしてもお隣の国の、
声高に叫ぶ修正史感が耳に障る。
その内容は、多くが改竄なのだが、
あまりにお粗末な物なので、そんなこと全く無かったかと、
錯覚してしまうほどだ。

しかし、そう思うと、日本にも耳障りな修正史感を、
声高に叫ぶたわけ者が、確かにいる。
だが、別にそういう人が大多数なわけではない。
普通の歴史感の人は、『正しい歴史』を叫ぶ必要はないわけで、
修正史感が耳につくと言っても、それが多数派とは言えないのだ。

それなら、きっとお隣の国も、そういうDQNがいるってだけで、
普通の人は、我々とそう変わらない感性を持っているのではないか?

事実はどうか知らないが、そう信じたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
修正史感 kiddy's silly words〜ガキの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる