kiddy's silly words〜ガキの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 物価が2%上がると

<<   作成日時 : 2015/04/16 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どうしても納得できないことがある。

アベノミックスとかなんとか、
格好つけていて馬鹿みたいな政策の議論で、
「インフレには悪いインフレと良いインフレがあるが、
デフレには悪いデフレしかない。
だから、なんとしてもデフレは退治しないといけない。」
という話を聞いた。

全くもって、何を言ってるのか分からん。
そんなこと言って、頭、大丈夫なんだろうか?
それとも、こんなことも理解できない私がおかしいのか?

曰く、物価が下がり基調だと、1年後にはもっと安くなると思い、
消費しなくなる。その1年後にはさらに安くなると思うから、
結局いつまでたっても消費しない。
結果、経済はどんどんしぼんでいく。というのが要旨らしい。

そんなことが本当にありうるだろうか?

例えば、土用の丑の日にスーパーへ行ったら、
国産鰻蒲焼が\1,980-。やっぱりうなぎは高い。
そう思った時に、そういえば今は1%のデフレだから、
来年の土用には\1,960-になっているはずだ。
じゃぁ、今年は鰻は我慢だな。
なんてことを考える人が果たしてどれだけいるだろうか?

とはいえ、心情的には一応、理解できなくはない。

しかし、逆は到底理解できない状況だ。
土用の丑の日にスーパーへ行ったら、
国産鰻蒲焼が\1,980-。やっぱり鰻は高い。
そんな時に、そういえば今は2%のインフレだから、
来年の土用には\2,020-になっているはずだ。
じゃぁ、今のうちに鰻を食べておく方がお得だな。
なんて考える人が多数派であるはずがない。

物価が上がることが目に見えているのだから、
余裕があるうちに貯蓄貯金ギョに回すため、
節約して、秋刀魚の蒲焼\198-で我慢するのが、
健全な消費者の姿勢ではないだろうか?

事実、現状はそうなっている、らしい。
しかし、そういう状況を前にしても“自称”エコノミストは、
今は長い不況の中で、消費者に守り癖がついているから、
なかなか消費に回らないだけで、
じき、パ〜ッと使うようになる。と、言い切るのである。

このままの政策で放っておくと、
どんどん日本は悪くなっていくのではないだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
物価が2%上がると kiddy's silly words〜ガキの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる