kiddy's silly words〜ガキの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 煮込みのスープ

<<   作成日時 : 2017/03/31 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、ゲーム音楽(ヴォーカル付き)にはまっている。
で、そういうCDには、複数のミュージシャンが
楽曲を提供していることも多い。
あと、声優が歌ってたりとかも。

今まで聞かなかった曲を聴く様になると、
いろいろ気が付くことがあるわけで。

楽曲の面白さに関して、ヴォーカルの実力と同じか
それ以上に、編曲の腕が重要だ。
と、感じている。

今まで、基本的に実力派のヴォーカルの曲しか、
わざわざ聴かなかった。
特に、声優が歌うのには否定的だった。
しかし、声優の曲でも『いいね』と思えた曲に出会った。
ただ、しっかり聴くと、ヴォーカルは決して褒められた物じゃない。
曲の構成で、見事にそれを補っているのだ。

逆に、ヴォーカルの実力があっても、曲はへっぽこ。
なんて例もある。
あるゲームのテーマソングがカップリングのシングルで、
A面の曲が、聞いちゃいられない出来だった。
ゲームのテーマソングの方はCDを買うに値する物。
作詞・作曲、それに歌は同じ。なのにである。

思うに、ドラムとかベースとか、
曲の土台になる様な部分で、きちんと味付けしてるか?
ということなのではないか。
煮込み料理のスープみたいな物だ。
いくら、良い材料を揃えても、白湯(パイタンではなくさゆ)で
煮込んだら、味気無い。

これは、私がヴォ―カロイドの曲が嫌いな理由と、
根っこの部分で共通するとも思う。

まぁ、白湯で煮込んだ和牛を有難がる人もいる。
というのも事実なわけだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
煮込みのスープ kiddy's silly words〜ガキの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる