kiddy's silly words〜ガキの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 誤った歴史観

<<   作成日時 : 2017/04/14 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もちろん、歴史に正しいも誤っているも無い。
正確に分かっているか、諸説あるか、謎に包まれているか?
事実は1つしか無いはずではあるが。
しかし、その事実が誤りなんてことは有り得ない。
後から、歴史を過ち(誤りではない)と、
誰かがその時の価値観で評価したに過ぎない。

じゃぁ、その価値観、つまり歴史観が誤りなのか?
よく誤った歴史観とか使う人達はいるが。

個人的には、価値観に誤りも何も無い、という立場なので、
誤った歴史観なんてものも、おかしいと思う。
ただ、相手の価値観を受け入れられない。
ということがある。というだけのことだろう。

それはそれとして、ここからが本題。

私は、世の“歴史”好きの人達の歴史観が、
どうにも好きになれない。
世間一般で語られる“歴史”ってのは、
為政者視点、有事視点、都市視点、なのである。
しかし、世界の大部分は、
庶民であり、平時であり、村落である。

そこんところをきちんと理解しないで、
一体、何を分かったつもりになっているのか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
誤った歴史観 kiddy's silly words〜ガキの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる