kiddy's silly words〜ガキの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 働かせ方

<<   作成日時 : 2018/01/25 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

罰則付き上限規制。
罰則がいるかどうかはともかく、
何かしら上限規制がいるのは確か。
が、政府提案の法案は全く不十分と言わざる得ない。

具体例を上げよう。
月曜日の朝9:00に出社し、翌8:00に退社。
火〜金も同様。
土曜日は朝8:00に出社し夜19:00まで休日勤務。
で、時間外労働時間が計80時間。
これは、限度内であり、罰則は無い。
法案をきちんと読んでないから断言はできないが。

こんな働き方をしたら、多分死ぬ。
が、死ぬ様な働かせ方にお墨付きを与えるのだ。
因みに、弊社の社内規制もこんな感じ。

よく考えたら当たり前の話なのだ。
大枠で言えば、今の政府与党やその補完勢力は、働かせる側。
共産、社民、民進、立民あたりが働く側。
働かせる側から出て来る物が、働く側に立っていないのは当然なわけで。

“高プロ”なんて制度がなくても、労働者を使い潰すのは簡単だ。

まぁそれはそれとして、
首相は“高プロ”は残業代ゼロ制度では無いと強弁していたが。
そもそも、ブラック企業は制度が無くても残業代を払わないわけだ。
それが、読み方によっては残業代を払わなくていい。
なんて制度を用意したが最後。
もちろん、残業代は払わない。
それにお墨付きを与える形だ。
それどころか、これ幸いと、残業代払わない会社が増えるだろうし、
残業時間のリミッター外しにこの制度を使う企業も多くでるだろう。
実際、うちの会社でも何年か前にそういう議論があったし。

なんで、あんなんが政権に居座ってるのかねぇ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
働かせ方 kiddy's silly words〜ガキの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる