kiddy's silly words〜ガキの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS モーレツサラリーマン→モーレツ管理職→モーレツ経営者

<<   作成日時 : 2013/05/14 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は体調が悪くて、早く帰ってきた。
しばらくは、定時で帰ることになった。
それでも、1人工として仕事はこなせるはずだ。

1日8時間、週40時間、月160時間。
この国でフルタイム労働の目安になっている時間だ。
しかし、実際は正社員の4割以上は、
1日10時間、週50時間、月200時間以上働いている。らしい。
私の会社も、何か特別に事情が無い限りは、
これにあてはまる。

意外に思われる方も多いだろうが、
今は4割が1日10時間以上の”長時間労働”している。
この割合、昔はもっと高かった。
というわけでもないらしい。
(10時間で長時間。というのも意外だが。。。)
私なんかは、最近は労基も厳しいので、
長時間労働の割合は減っていると思っていたが、
どうも、割合が増えたので労基が厳しくなった。という順番の様だ。

では、どうして長時間労働化が進んでいるのか?
いろいろと理由はあるだろう。人件費とか、人件費とか、人件費とか、、、、
その中でも大きな理由の1つに上司の意識がある。
昔は労基も甘かったから、残業は実質青天井だった。
だから、割合としては多くないが、無茶苦茶働く「モーレツサラリーマン」
なる者が存在していた。
まずいことに、昭和な価値観では「モーレツサラリーマン」が出世してしまう。
だから、現在の企業の管理職や経営者に占める「モーレツ〜〜」の割合は、
とても高い。
しかし、「モーレツ〜〜」は限られた時間で、要求通りの成果を出す。
という能力に欠ける上、長時間労働が悪いと思っていないので、
自分の部下が長時間労働するのが、当たり前だし、当然自分も長時間労働だ。
これでは、とても労働時間を減らせる様にはならない。

しかし、実際に仕事をしてみると、
定時で終われるように、管理された仕事をするほうが、ずっと効率が良く、
全体の生産性は、残業上等と比べても遜色ない。と感じる。

いろいろ書いたけど、つまり、残業なんてしたくないでござる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モーレツサラリーマン→モーレツ管理職→モーレツ経営者 kiddy's silly words〜ガキの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる