kiddy's silly words〜ガキの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS つづき

<<   作成日時 : 2015/07/07 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

この前のつづき。

で、前回の話は、あくまで形式的な話。

ことの本質は、安保法制を改正する価値はあるか?という所。
とりあえず、政府の言い分では、
日米同盟が強化されることで、日本の防衛能力が高まり、
それが抑止力として働き、結果的に戦争のリスクが下がる。とのこと。

このロジックの肝は、集団的自衛権が抑止力になるのか?というポイント。
抑止力が有効になるには、大雑把に以下3点が必要だ。
・相手国が日本国を今まさに攻撃してやろう。っていう意思があること。
・軍事力以外のあらゆる交渉手段が無為に終わる、頭がおかしい相手であること。
・しかし、相手の防衛力を分析して、攻撃を躊躇するくらいには、合理的な判断ができること。

ちょっと考えてもらえば分かるだろうが、これだけの要件を満たす状況は、
それなりにレアな状況であることは間違いない。
“核の傘”の様に、分かり易い威嚇があれば、
3番目の要件が容易に満たされるので、それなりに意味はあるが。
実際には、頭のおかしい破滅的なテロリストなら、
アメリカの軍事力であっても、お構いなく攻撃を実行する。

その一方、大抵の国の指導者は、どれ程ろくでもない国であっても、
世間で言われるほど周りが見えていないわけではなく、
そのため、余程の勝算が無ければ、実際に武力行使なんてしない。
だから、軍事力以外の交渉手段が必ず何かはあるはずだ。
古代中国の思想家の著書にも、兵は使わないのが最良。みたいな話があったはずだ。

なので、“核の傘”でもない、通常兵力による抑止力が有効になる確率は、
ほんの僅かなのである。
きちんと検証したわけではないが、体感的には、
巨大地震で原発が深刻な損傷をして国土が汚染されるリスクの方が、
はるかに大きいのではないだろうか?

まぁ、そんなわけで、安保法制をどれだけ整えても、
アメリカの御機嫌取りはできても、日本の安全には大した価値は無いのである。

また、気が向いたら続きを書きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時

心地良いブログで好きになったんです♪
嫌な事ばかり続いている私にとって、kiddyさんのブログはオアシスです(∩_∩)
カラカラだったのに、潤いを沢山くれましたから!

それに沼からの浮上の足がかりをもらえた気がします。どれだけ感謝の言葉を並べてみても足りないですよ。

色々ありすぎてもうこの先抜け出せないと思っていたんですけど言葉で傷ついた心を癒してくれるのは、優しい言葉なのかもしれないですね…o(^-^)o

このコメントが目に止まったら少し話を聞いてもらえないでしょうか?

maki2.co@i.softbank.jp

驚かせていると思うんですがkiddyさんに聞いてほしいです
けれど嫌だったり迷惑でしたら削除して下さいね。
ファンになりました!σ(゚ー^*)
2015/07/14 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
つづき kiddy's silly words〜ガキの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる